LOVE FOREVER

虹の橋へ旅立ってしまった子達の思い出や増田貴久君(NEWS・テゴマス)が大好きな私の気ままな日常。

○○は○○を選べない

ナナが亡くなったあと四十九日のことしか頭になくはじめての月命日をど忘れ・・・


その四十九日がまもなく訪れる💦


お骨に目を向けナナを思っても私の右隣にナナが戻ってくることはない・・・


あっという間に一年という歳月がきてしまうんだろうなぁっ(T-T)


トラブルメーカーのおばあちゃんには会うたびにナナのことを聞かれるσ(^_^;)


ナナのことを聞いてくるのは構わないが自分んちの犬は見殺しにでもするのだろうか・・・


会うたびに自分んちの犬が病気らしいというトラブルメーカーのおばあちゃん


私もお世話になってるご近所さんがそのおばあちゃんが来ては相談(愚痴る)するたびに動物病院へ連れて行ったほうがいいと強く言ったため渋々連れて行ったみたいだけど・・・


今度はご近所さん宅に行って手術代のことをぼやきはじめたらしい(>_<)


今日違う用事で我が家にやってきたご近所さんがそのことを私に話す💦


病気らしいことや手術代のことは私も本人から聞いている。


なので話がわからないわけでもない。


私がお世話になっているご近所さんは動物のことになると気を病んでしまう性格σ(^_^;)


ナナがヘルニアになったときもそうだった。


無事に退院しあとは自宅でリハビリのみとなったときも院長先生は歩くことは出来ると太鼓判押してくれだけどナナ自身が私とのリハビリを断固拒否σ(^_^;)


リハビリに頭を悩ませながらもナナの足を片方ずつ屈伸させているとご近所さんから電話‼️


ナナの様子を伝えるとリハビリを手伝ってくれるというのでナナの気分転換を兼ねて訪問。


家族総出でリハビリを手伝ってもらいそのおかげで回復したんだよね(o^^o)


ナナはそんな経緯があるので亡くなるまでお世話になってしまった我が家だけどσ(^_^;)


話を聞きつつご近所さんにいくら愛犬が可哀想で見てられないって言っても○○さん次第‼️


ぼやいたって手術代が安くなるわけでもない。


話を聞いてもらって自分の気持ちを軽くしてるだけで犬のことは考えてない。


可哀想で心配だって言ってるだけで話のネタにしてるにすぎない。


正直言って病気でも面倒をみたいと言う方に託したほうが犬のためと苦言‼️


80近いおばあちゃんが2匹も3匹も飼い過ぎ‼️


いくら息子が連れてきたと言っても孫が飼うと言っても無理があったと思う(>_<)


お孫さんだって遅くまで仕事してるみたいだし付き合いだってあるだろうし・・・


聞く話によれば息子さんの再婚相手は両親が飲食店をしていたため動物を飼ったことがなく動物をどう扱っていいかわからないと💦


取り敢えず他人宅のことだから聞き流すようにはしてる(>_<)


家庭の事情があるのもわかる‼️


手術代が安くないのもわかる‼️


でもっ手を施してあげようとしない話は聞く耳に余る(>_<)


動物は飼い主を選べない


子供は親を選べないという言葉が頭をよぎる‼️

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。