LOVE FOREVER

虹の橋へ旅立ってしまった子達との思い出やNEWSの増田貴久君が大好きな私の日常。

冷たい雨の中のお別れ

最後の1匹だったナナ


4歳過ぎていろんな病気を患った


それでも頑張って14歳7ヶ月の犬生を頑張り抜いた


2017年9月27日に腎臓病と診断され


約7ヶ月の間 辛い闘病生活


椎間板ヘルニアや前庭疾患のせいもあり最後の方は半寝たきりになってしまったけど


それでも要求があれば吠えて自己主張


お留守番が嫌いで暑くても寒くても何処行くのも一緒だったね


釣りに連れてけば狩猟本能剥き出し

自分に魚をよこせと吠えまくり

勝手に魚が入ってる入れ物に顔を突っ込み

器用に魚を咥え出しては喜んでたね


ニジマス釣りに連れてけばニジマスを入れ物から咥え出しちゃって自分が狩ったと言わんばりにニジマスを咥え内縁さんに見せようとした咥え運んだ後ろ姿


あと一歩ってところで内縁さんが移動したもんだから何度も咥え直して運んだニジマスをその場に魚を残して置いていかれまいと走ってたね


網に入ってる魚がどうしても欲しくて勢いあまって川に落ちちゃって流されたこともあったね


きょとんした顔で流されて行くんだもん

あのときはかーちゃん慌てたよ


暖かくなれば内縁さんと一緒に海に行き


お留守番をさせたときはゴミ袋を漁りゴミまみれなりながら私は悪くないって顔してたことが何度もあったね


玄関開けるたびに驚いたよ


2歳半でかーちゃんの元へ来て14歳になり

腎臓病という病気をし約7ヶ月間の闘病生活を強いられ辛くも最後の最後まで頑張ったナナ


苦しくて辛かったのにまだ望みがあると思って病院に連れて行ってごめんね


今までにいろんな痛い思いもさせちゃってごめんね


最後は病院で治療を受けさせなければもう少しだけかーちゃんの側に居てくれたのかな


かーちゃんナナのことになると必死になっちゃうんだ



それがかえってナナを苦しめてしまったね


ナナ


大好きな車の中で1匹寂しく逝かせてしまったけど最後は苦しくなかったかな


ナナの側に居なくてごめんね


ナナを車に戻さず一緒に今後の説明を聞けばよかったよ


あと少しでその身体ともお別れだけど

向こうではかーちゃんは居ないけど万里君やポーちゃんやセロがナナのことを待ってるからかーちゃんが迎えに行くまで仲良く待っててね


ナナを筆頭に皆んなでお散歩しよう


12年7ヶ月という歳月はかーちゃんにとって凄く濃密だったよ


ありがとうね ナナ


どんな姿になろうと大好きな気持ちは変わらない


かーちゃんの可愛い可愛いナナ

ゆっくりおやすみ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。